みなさんこんにちは。#音ゲーマー達の発信所 2度目の登板の今回は現在構想中の太鼓の達人コミュニティサイト「ドンだーステーション」についてお伝えしようと思います!
かねてからギタドラのスキルシミュレーターやjubeatのjubegraphなどの外部サポートサービスにあこがれがありまして、「太鼓の達人にもこんな便利なサービスを作ってくれる人が現れないかな」と思っていたのですが、
太鼓のユーザ層の兼ね合いかそういう人は中々現れず、時は流れ僕自身にそういうものを作れる技術が多少なりとも身について来たので、自分のためにもサービスを作ってみるかと思い立った次第であります。

 今のところ考えてるウェブサービスの機能としては
・太鼓の達人スキルシミュレーター
メイン機能です。その名の通り太鼓の達人用のスキルシミュレーターです。(そのまんまやな)
スキルシミュレーターとはなんぞやという方もいるかも知れませんがこれの説明は長くなるので後にします。

・太鼓塾 自習室
 現在AC太鼓の達人には段位合格を支援するための「太鼓塾」という素晴らしいシステムがあります。
太鼓チーム側もそれをよりよくしようとユーザーから意見を募ったりしていますが、
これには一つ大きな縛りがあります。それは「ACに現在収録されている曲しか選曲できない」という点です。
ここではこの「現行収録曲」という制限を取っ払うため、対象を「過去に一度でもCSに収録されたことがある曲」に
範囲を広げたバージョンの太鼓塾という位置づけです。

・クイックバトル
ドンだーひろばには「挑戦状」という他の人に対してバトルを申し込める機能がありますが、さすがに誰彼かまわず挑戦状を送りつけるようなことはみなさんしないとは思います。そこで誰彼かまわずバトルがしたい、されてもいい人に対してちょうどギタドラやポップンのネット対戦のように、このサイト上でマッチングを行ってしまおうというものです。

・大会掲示板(仮)
同じくドンだーひろばには大会機能が存在しますが、やはり適当な大会に乱入していくのは躊躇するもの。
そこで大会の宣伝、参加ができるような掲示板を設置したいと考えています。




【スキルについて】
先ほど出た「スキル」についてお話しようと思います。
スキルとは元々ギターフリークス/ドラムマニアシリーズにあるもので腕前の指標となる概念です。
太鼓や他ゲームにある段位制度と決定的に異なるのは
「1プレイではなく、累積プレイが反映される」点にあります。
まずギタドラでのスキルの定義は
1.曲をプレイするとまず取った判定とコンボを元に「達成率」が算出される。
2.この達成率に難易度を掛け、「曲別スキル」を算出する。
3.この「曲別スキル」の、新曲旧曲それぞれでのトップ20を合計したのが個人の「スキル」となる。

勘のいい方はお気づきかと思いますが、スキルが形になるまでには新曲20曲、旧曲20曲、計40曲のプレーが必要となります。そして1曲のプレーでも自己ベストを出せばスキルが上昇する可能性があります。
また、選曲に制限はありません、どんな曲でもスキル枠に入れることができます。
ここが段位制度と大きく異なる点です。
個人的にはこの「コツコツと積み上げてく指標」が毎クレジットごとのモチベーション上昇につながるのではないかと考えています。
実はこの太鼓の達人用スキルシミュレーター、過去に存在していました。
直リンク禁止のため各自で調べてほしいのですが、おおむねギタドラに沿った形式で、独自の難易度付け(ギタドラXG以降のX.XX方式)が成されていました。
しかしKATSU-DONを最後に更新がストップしており、今は使用することができません。
何か話を聞いた訳ではないのですが、この更新が止まったのは難易度付けのしにくさにあったのではないかと
勝手に思っています。
個人が頑張って考えると時間がかかったり、基準が一貫しにくいという問題を抱えるかと思います。
そこで誰がやっても同じ値が出るような太鼓の達人における難易度の指標を作るべく現在思案を巡らせているところであります。
そのために譜面のデータを収集しているのですが、なにせ400曲も収録曲が存在しているため、なかなか進まないのが現状です。もしこの志に賛同して協力してくれる方がいらっしゃいましたら、Twitterにて私宛に何かメッセージでも送って下さるとありがたいです。